【第2弾】地球一周🌏全寄港地振り返ってみた!〜夏クルーズ編〜

どうも!ピースボートセンター福岡スタッフのみしょーです😊

前回書いたこちらの地球一周目の全寄港地振り返り記事大好評のため、待望の第2弾💡
全寄港地振り返ってみた夏クルーズ編です!

前回書いた93回クルーズ18寄港地でも結構書くのが大変だったんですが…(笑)なんと今回は全24寄港地の第99回クルーズ
しかも24寄港地予定が急遽25寄港地に?!!その真相は記事のなかで…🔍

ピースボートは基本年3回!春夏冬で行き先が違う

まず最初に知ってもらいたいこと!ピースボートは大まかにですが近年だと、
ーーーーーーーーー
→北半球メイン(北欧やヨーロッパ多め)
→北南万遍なく&オーロラやマチュピチュorカナダの紅葉
→南半球メイン(アフリカや南米)
ーーーーーーーーー

これを基本軸に、毎回違う港に寄港しています!ちなみに現在ピースボートは100回以上のクルーズを行っていますが、「全く同じ航路」というものは発表していません…つまり自分が乗った航路はオリジナル航路というわけです💡

地球一周の振り返り記事好評のため第2弾!

実は私元々はヨーロッパに行きたくてピースボート選んだんですが、前回は仕事の関係で真逆の南半球へ(笑)今回念願の地域にも行けるとのことで、もう1周しちゃいます👍

・そもそもなんでピースボートに乗ったの?
・寄港地(訪れる港)に着いてからの過ごしかた(ツアーと自由行動の違い)
・前回のコースはどんなだった?

というのは、前回記事をまず読んでみてね😊💡
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コロナ禍後、ツアー代金は変わる?

→しばらくの間は上がる可能性あり!?

あくまでも今日これから書く港ごとのオプショナルツアー代金は、コロナ禍前の参考価格です!
日帰りツアーで例えると、コロナ前は平均して¥15,000ほど。

2022年冬現時点では、今後の円安や世界の状況によっては、日帰りでも2~3万くらいが平均になる可能性があるので、ご注意ください⚠️

地球1周目と2周目、使ったお金は変わった?

→YES!!!

🌍1周目→ツアー代¥12万/お小遣い¥20万円

お小遣い完全に使いすぎたなと、実感。正直お土産買っても人に渡すの忘れたり、大きな箱でまとめて買ってそれをばらまくで十分だと思いました。見送ってくれた日本の友人やお世話になったたちは、お土産の「モノ」よりも、お土産「話」を楽しみにしてくれてます✨

🌍2周目→ツアー代¥10万/お小遣い¥12万円(+離脱代¥15万位)

前回の反省を踏まえ、今回お土産は基本自分と家族だけの為に買いました!
前回と余り変わらないように見えますが、前回は物価が安い南半球・今回が物価も高めの北半球多めなので、それでほぼ変わらない値段で行けているのは、かなり節約もできてると思います!

→だけど、楽しさは全く一緒!!2周目でお金なくて楽しめない…ってことはなかった印象😊

地球2周目は王道夏航路へ!

99回ピースボート地球一周の船旅
2018.09.01~2018.12.18 ~奇跡と感動に出会う、 オーロラシーズンのアイスランド&マチュピチュ遺跡へ!~

THE 王道!ヨーロッパも南半球も堪能コース!!オーロラチャンスもあり

前回行った南半球航路とは違い、世界をまんべんなくまわるコースです^^
ヨーロッパに関してはどちらかというと、ローマやバルセロナはなどの王道は行きませんが、自分では絶対になかなか行かないであろう、ヨーロッパ東側地域も入っていて面白さ抜群のコースです★

今回も地球一周、全港振り返り!

99回は全25寄港地!途中寄港地が増える嬉しいハプニング?!があったり、途中一時船を離れて旅をする、「離脱」も経験してきました💡
※以下「OP」=オプショナルツアーの略です!

1寄港地目:厦門(中国)

OP:「世界遺産『福建土楼』へ」¥14,000

記念すべき1寄港地目!!なんて読むんこれ?!!(笑)
→正解は「アモイ」

港町は植民地時代の西洋建築が残る不思議な街ですが、ここでは山奥にある世界遺産の福建土楼を見たくてツアーをとりました!

なんとここNASAが宇宙から見つけた際、中国の巨大な軍事施設と勘違いした集合住宅😲今でも中に住んでる方はいて中に入って見学も可能です!片道バスで2時間半かけてきた甲斐がありました!!

片道2時間半ではありますが、行き道で昼食レストランもあったのでそんなに長くは感じません!
憧れのクルクルテーブル(円卓)で本場の中国の味を食べれて大満足♪テーブルはある程度適当に相席なので、一緒のツアーの人とも仲良くなってから観光に行けたのが良かった~👏

2か国目:シンガポール※2回目

OP:「『昭南島』の歴史を学ぶ」¥14,000

前回シンガポールに来たときに主要の観光地は回ったので、今回は学びのツアーをとりました。詳しくは上の写真のコラムを読んでほしいですが、シンガポールは第二次世界大戦中に「昭南島」と名前を変えられた歴史があります。

日本で学ぶ戦争の歴史は、自分たちの被害を語ることが多いけれど、世界から見ると日本もたくさんの侵略をしていること。
日本では語られない歴史もそこにはあって、それを海外の目線で目の当たりにすることは衝撃もありますが、違った目線でもちゃんと知ることは、本当に大事なことだと思いました。
集中して色々話を聞きすぎたので写真を撮るのはすっかり忘れてましたが、今でも本当に心に残ってます。

ツアーが早めに終わり、離団OK(ツアーを離れて自由観光する代わりに自己責任で船まで帰る約束)だったので、同じツアーだった子達とそのまま3人で、もう5時間くらい観光をしました!

今回は少しローカルなフードコートを見つけたので、そこで夕食♪現地の店員の女の子が可愛い・優しい・ご飯は美味しい!で最高💓

3寄港地目:マーレ(モルディブ)

海が綺麗なリゾート地で有名なモルディブ!みんなでボートシュノーケルを予約していたので、港に着いて船を乗り換えGO!乗組員のお兄さんたちがとにかくノリよくて、ずっとみんなで写真撮ってました(笑)

↓もちろん、海の中も抜群に綺麗✨

~スエズ運河通航~

ヨーロッパの玄関口にある、全長200km弱の運河。ちょうど福岡市から熊本市までの距離と同じくらいあるこの運河を、約半日かけて通過します。

真横にはエジプトの街並みや砂漠が!岸辺から手を振ってくれる人もいます😊これは船旅でしか体験できないポイントです!

4か国目:ピレウス(ギリシャ)

有名なアテネまで港から電車で30分で着いちゃいます★晴天率が高いと言われるアテネ、、なんと今回!!
40年に1度と言われるほどの大雨!!( ゚Д゚)☔☔☔

傘はひっくり返り、来ていたカッパは破け散り…全身ビショ濡れ。もう笑うしかありません!!爆笑
写真の通りパルテノン神殿に行ったときは、神怒らせたかな?😲ってくらいの、雷雨でしたww

この後みんなでH&Mに行って、洋服を買って総着替えしました!まさかだったけど、これが今でも思い出に残ってて最高に面白かった😂

夕方には雨も上がったので、最後はみんなで美味しいごはんと、街中にある遺産の数々のライトアップを見ながら帰りました♪

5寄港地目:コルフ島(ギリシャ)

ピースボート初寄港のギリシャの離島。ここは一人で観光にチャレンジしよう!!と思い、ドキドキしながら、待ちに繰り出しました💨

が!すぐに名古屋メンバーでまわっていたみんなに遭遇!正直まだそんなに深くかかわってなかったですが、一緒に行こうよ~とその場のノリでなったので、結局仲間に入れてもらいました(笑)🥺✨

コルフ島完全にノーマークでしたが、ばりばり綺麗!!今回行ったヨーロッパの中でも群を抜いて好きでした💙
大理石?の床の街並み。キラキラしてます。

ハプニング発生!!

実はこのコルフ島で観光中、お尻を蜂に刺されました🐝😂たぶんミツバチだったので、何とか我慢できるレベル。。
結局観光したい欲が勝利し、そのまま夜まで観光しました。痛いお尻をつまみながら歩いてたので、みんな爆笑してました(笑)
※翌日には針が抜けたのか痛みは消えました。みんなはちゃんと病院に行きましょうね。

6寄港地目:ドゥラス(アルバニア)

ピースボート初寄港!正直私も行くまで知らなかったアルバニア。実は1991年まで実質鎖国をしていた国
ヨーロッパ最貧国ともまだ言われるそうですが、逆にこの独特な国の雰囲気があるうちに行ったほうが良い国!!

首都のティラナで有名な広場の隅にぽつんとあった、謎のメリーゴーランドにみんなで乗馬…?🐎

バスの乗り継ぎで結構手間取りましたが、現地の街の方が優しく教えてくれて、何とか目的地のクルヤまで到着!

中世の中心街だった山肌にある都市。文明は少し古いままの雰囲気で物価も安く、一気に中東感が強くなります。

7寄港地目:ドブロブニク(クロアチア)

ジブリの紅の豚や、魔女の宅急便のモデルになったと言われる街!
ここは乗船前にピースボートセンター福岡で仲良くなったメンバーでタクシーを借りてGO💨

丘の上から見るもよし、このオレンジ屋根の綺麗な街並みに入って探検するもよし💓
どこに行ってもオシャレ~~~!ヨーロッパに行って思うのは、石畳が多いのでヒールの靴は結構キツイ!!
ちゃんとスニーカーで行くのがおススメです!

ちなみにこの右の写真の、壁からニョキっと生えている顔の石。この石の上に立って上着を脱ぐことが出来れば願いが叶うそうで、みんなでチャレンジ😲こんなポイントがあるなんて、私だけだったら気づかなかったので、自由行動で誰かと行くからこその楽しみかも♪

8寄港地目:コトル(モンテネグロ)

ここは今回のクルーズ中ノーマークだった中で、一番良かった港!!
こんな絶景があるなら先に言ってほしかった!!!!(ピースボートはちゃんと言ってたけど、話聞いてなかったのは私。(笑))

旧市街のそばには丘があって上ることも可能ですが、私たちはあえてこの旧市街には行かず、現地でレンタカーを借りました!!!🚙(国際免許持ってる子がいたので!)

海外での運転にはみんなドキドキ乗車でしたが、これもいい思い出♪

山の中腹でこんな写真を撮ったり・・・(笑)
どんどん上へ登っていきました。

頂上からの眺めは、行きを飲むほどの絶景。本当に、こんな景色が世界にはあるんだと、世界一周に来てよかったと思いました。

車を借りてたのは私たちくらいだったので、この一番てっぺんからの景色を見たのは私達だけって考えると、ちょっと優越感もあり…😊♪笑

9寄港地目:パレルモ(イタリア)

やってきましたイタリア!ローマには行けませんがイタリア長靴形の先っぽにあたる、シチリア島に上陸!!
映画「ゴッドファーザー」の舞台になったマッシモ劇場や、下の写真のパレルモ大聖堂

街中に当たり前にこんな建物がたくさん😲

カタコンベというミイラが8000体近くある教会地下のお墓にも行きました。(結構衝撃なので、写真は乗せませんが、勇気あるかたは参考に見つけたHP見てみてください、圧巻でした。)

散策するだけでも十分楽しい。海外はピアスが安くてかわいいものばかり♪パレルモでは革靴も買っちゃいました。
ちょっと散財したけど、それでもこの港の自由行動では1万円も使ってないかな~💭

10寄港地目:モトリル(スペイン)

本当は「アルハンブラ宮殿観光ツアー」をピースボートで予約希望していたけど、申込するのが遅かったので、満席で当日まで席が空かず断念。
でもそのおかげで行った自由行動で、またまたいい観光ができちゃった場所✨

途中軽い気持ちで寄ったネルハの洞窟が、想像以上の規模で圧巻。日本とは比べ物にならないくらい広い😲

今回の一番の目的地は、世界一美しい村に輝いたことのある、フリヒリアナ村!

バスを乗り継いで、無事到着!真っ白な町並みは、まるで物語のような世界♡結構みんな自由行動で来ていたので、写真スポットでいろんなメンバーと出くわしました(笑)街中に知ってる人がいるのは、本当に安心感があります🥺

スペインでひとつだけ大失敗したことが…パエリアを食べ損ねたこと!!!
夜に食べようと我慢していたら、夜はどこのレストランに行っても置いてない!!😭
どうやらスペインの文化は、昼にガッツリ食べて、夜はお酒と一緒におつまみ程度の料理しか食べないそうなんです💦

こういうことで文化の違いに気づくパターンもあるんだなあ(笑)と💡

変わりに見つけて食べた、持ち帰りピザ屋さんのピザがあまりにもデカかったのを今でも覚えている…。(笑)

11寄港地目:タンジェ(モロッコ)

今クルーズ唯一のアフリカ大陸🌍ここ数日ヨーロッパの景色が続いたので、全然違った文化でいい刺激!

ここも自由行動!最初は3人で船を出たけれど、港には8人乗りのタクシーが多かったので、その場にいた別グループの若者のみんなと結託して、タクシー交渉💰片道2時間以上の道のりだったけど、往復で1人2500円位だったから、結構安く行けたほうでは?👏

目的地の「青の街シャウエン」💙については、以前特集記事書いているので、詳しくはそちらで♪

帰ってきてタクシー相乗りしたみんなとは別れ、元の三人で街散策!
港から歩いて15分位のところが中心地なので、すぐに帰れるのも船旅のいいところ😊みんなで食べたよくわからないケバブ的なのが美味しかった!

12寄港地目:ポルト(ポルトガル)

ポルトガルはヨーロッパの中でも人気トップの観光地!町並みがとにかく可愛い💛
アズレージョと言われる装飾タイル張りが残っている街。写真は有名なアルマス聖堂。

街が綺麗だったのはもちろんだけど、なによりもこの国は一緒に回ったメンバーが楽しかった!!

この3人でまわったけれど、船の中では普段みんな割とバラバラに過ごしてるメンバー😲あえて普段からそんなに喋る機会ない人と回るのも面白いんじゃない?!となり、異色メンツでまわりました♪

観光しながらも、今まで話してなかった船に乗る前の話をできたのもいい思い出^^
最後にはみんなでお揃いのパーカーを買って、船に戻って夕食を食べながら記念撮影♪

★ちょっとアドバイス

観光が終わって船に戻ると、ちょうど船では夕食の時間になることが多いので、私の場合は
→船に帰って一時解散
→自分の部屋に荷物やお土産を置く
→船のレストランで一緒に観光したメンバーと再合流
→夕食を食べながら写真交換・思い出語り
って感じで過ごすことが多かったかな~😊

特にヨーロッパ付近は1~3日に1回は次の港に着くので、その日のうちに写真交換しておかないと、もうどこで誰と行ったか訳が分からなくなるww当日中に色々整理しておくのがおススメ😂💡📷

13寄港地目:ア・コルーニャ(スペイン)

はっきり言います。ここどこ??😲って港でした(笑)
これ!!という観光地はそんなになかったのでみんなで港町を適当に散策。港から歩いてすぐそばにあった大聖堂が綺麗!

夕方から雨が降っちゃったけど、逆にそのおかげで大聖堂がキラキラ…幻想的過ぎる。昼と夜で同じ建物でも、違った姿を見れたのがすごく良かった場所✨帰りは港にあったBARにみんなで入って、ちょっと1杯して帰りました🍹

14寄港地目:リバプール(イギリス)

ロンドンには少し遠くて行けないけれど、このリバプールは私が訪れた時は街が、「リヴァプールの海商都市」として世界遺産に登録されていた街👏

ですがこのリバプール、今後開発も進むことになってしまい、昨年2021年に世界遺産登録を取消されてしまったんです💦世界遺産だったタイミングで、最後にピースボートで訪れたのが、私たち99回クルーズが最後なんですね…😲

ここは世界的バンドBeatlesの聖地!!町中がBeatlesまみれです!(笑)港の目の前には2mほどの銅像が!父母世代が大好きだったので、たくさんお土産を買って帰ったら喜ばれました😊

リバプール大聖堂は今回訪れた建築物の中で、一番大きかったなあ~~

ザ・荘厳。広すぎて距離感わからなくなるぐらいです(笑)

15寄港地目:ダブリン(アイルランド)

ここも自由行動ですが、ちょっと珍しいパターン!船の仲間が「アイルランドに大学時代の後輩が留学で住んでて、当日案内してくれるから一緒に行く~?」と誘ってくれました!

自分たちで色々調べて行く手間が全くなく、めちゃめちゃリラックスして観光できました🥺✨

トリニティ・カレッジ(大学)の世界で最も美しいと言われる、大学図書館。スターウォーズでのモデルになったと言われ、ハリーポッターにも雰囲気が似てます!

↓アイルランドと言えば黒ビールのギネスビール🍻工場見学の最後にはビールの無料試飲も♪私はビール飲めないので、人にあげましたw

街中でくだらない写真も撮りました。なんか小さなことでも旅してると笑いに変えちゃうんですよね😂この銅像はいったい何だったんだろう・・・

16寄港地目:急遽追加★アークレイリ(アイスランド)

航行中のある日、19時過ぎ頃の夕食中に突然船内放送が流れました。
「天候悪化の為、急遽今晩は近くの港で停泊することになりました。このあと20時過ぎ頃~0時まで、特別に観光下船が許可されます。」

な、なんだと!!!😲それは外に出るしかない!!その場で一緒にご飯食べていた何名かと、すぐに降りる準備しよう!と夕食を切り上げさっそく港へ下船💨

もう夜だったので、正直ほとんど店は開いてなかったけれど、寒~いアイスランドであえてアイス🍦を食べる所業。
そして港から唯一、遠くに光って見えた教会目指して歩きました!

ピースボートもこのアークレイリは初寄港。こんな形で急遽港が一つ増えるのは、レアケース!ある意味ラッキー✨

17寄港地目:レイキャビク(アイスランド)

OP:「乗馬体験とブルーラグーン観光」¥33,000

え?!ツアー代高くない?!!って思うかもしれませんが、アイスランドは物価が高い北欧、しかも島国なのでさらに物価が高いです。なので全然妥当価格!

アイスランドのこのツアーもキャンセル待ちで全然空かずヒヤヒヤでしたが、ギリギリ数日前になって席が空いたとのことで無事行けました~!!ヨカッタ…😂✨

私の愛馬🐴フェリケル君💓アイスランドは木がないので、誇大な土地を乗馬するの気持ちいい~!!

地熱発電が盛んなアイスランドだからこその、世界最大の露天風呂ブルーラグーン!迷子になるくらい広いです(笑)

温泉の中には小さな小屋?みたいなのがいくつかニョキっと立っていて、泥パックができたり、入場券についてくるドリンク券で、1杯好きなものを飲めたり♪結構長時間入ってられます。

※コロナ禍後ブルーラグーンは入場人数制限などもあるみたいです。行きたい方は要注意!

4日間のオーロラチャンス🌠

ここ数年の夏クルーズの醍醐味と言えば、オーロラ!

基本は船内で待って、オーロラが出たと船内放送が鳴ったら外に出ればいいので、寒さもしのげてばりばり楽です!

もちろん自然現象なので、100%見れるわけではないですが、基本的に1カ所で居座ってみる普通のオーロラ旅行とは違って、船はオーロラが出た場所に追いかけていくというのがメリット💡

手前は雲に覆われてますが、その先にオーロラが見えるので、この後船はこのオーロラ方向に向かって進みます。

まあ私は珍しくそこまでオーロラに興味がなかったので、このくらいしか写真撮ってませんすみません!(笑)😲

18寄港地目:ニューヨーク(アメリカ)

船はマンハッタン島の目の前に着岸!ただただまっすぐ15分歩くだけで、タイムズスクエアに着いちゃいます!!楽過ぎる!!

ニューヨークは珍しく日帰りではなく2日間の寄港だったので、今回はみんなでニューヨークに1泊することに✨

船旅の序盤にあった船内運動会、私は赤団の団長をしていたので、団員15人くらいを集めてみんなで現地の民泊を借りました!

ちょっと憧れだった、アメリカのスーパーでの大量買い🥺✨なにを買ってもビックサイズ&大容量で笑えて来ちゃいますw1軒家を借りていたので、一晩みんなで飲んで騒いで、ゆったりできました♪

人数が多かったので、2日目の観光は各々行きたいメンバーで分かれて行きました~

9.11でエンパイアステートビルがあった場所。いまは犠牲になった方の名前を添えて、祈念公園になっています。
名前は彫られているので、そこに花が手向けてある方もいました。
遊び観光だけでなく、こうした世界の歴史や事件があった場所を自分で見ることも、今回の旅では大事にしていたので、自分の足でいけて良かったです。

19寄港地目:ハバナ(キューバ)

OP:「大学生とハバナ旧市街を歩こう!」¥17,000

今クルーズでばりばり楽しみにしていた、現地大学生とのツアー👏日本が好きな子達だったので、中には日本語を自分で練習して話せる子もいました!

普通のツアーで訪れるのとは違い、現地の子たちに案内してもらうので、地元民ならではの場所や裏道を案内してくれるのも楽しみの一つ!!最終目的地になっていた施設では、また1~2時間程の文化交流も♪

一番左に写っているキューバの女の子は、この約1年後になんと日本に留学に来てくれました✨
関東の大学だったから会いには行けなかったけど、キューバにできた友達が、今度は自分の国に来てくれるというのは本当に嬉しいことでした!!💓(交流時にインスタ交換をしてたので、今でも繋がっています^^)

20寄港地目:モンテゴベイ(ジャマイカ)

ここでは1日に2つのツアーを確保💡※時間が被らなければ1日に複数ツアー予約できる場合もあるんです!

①OP:「マーサブレアでいかだくだり 」¥16,000

まじでイカダ。(笑)現地のおじちゃんが案内してくれるんですが、なんせお互いに英語ができないので、何をいっても返事は「ヤーマン!」と返されますww(ヤーマン!はジャマイカではよく耳にする言葉。挨拶兼万能な返事的な言葉)

30分以上乗ってたかな?2人1組で適当に乗って~という感じでした。普段なかなか喋ったことのない子を誘い、のどかな川を流れていきながら、ゆっくりいろんなことを語って、それはそれは平和な時間でした🌞♪

②OP:「本場ジャマイカで野外レゲエライブ!!【夕方実施】 」¥6,000

 

夕方~の実施だったので、一度船に戻って再度そのツアーのバスに乗りなおしてGO!

ジャマイカはカリブ海!海が綺麗!!そんな海の横のビーチでライブ🎵❤💛💚
ジャークチキンとお酒を楽しみながら、夜風にあたり、しかも本場のレゲエライブ。心地よすぎました。
そして見事に酔いました。(笑)たまにはいいかな😂🍻

21寄港地目:クリストバル(パナマ)

OP:「先住民族『クナ族』の文化体験」¥13,000

到着したのは、本当に住宅街の一角。
独自の民族手芸「モラ」を持つクナ族。実際にこの手芸を現地のお母さんたちに習ったりできるツアー!

が!外に行ってもいいよ~とのことだったので、私は途中で抜け出して、近所にいた子供たちと遊び倒しました🔥

日本からバルーンを持参していた女の子がいたんですが、これがもう大人気!!子供たちに追いかけられまくっててんやわんやでした(笑)😲
たった数時間だけど、このパナマの僻地で子供たちの無邪気な笑顔は、きっと一生忘れません。
最後お別れするときに、寂しくて泣いちゃった子供もいたり、思わずこっちも涙が出そうでした😭(ちょっと出た)

22寄港地目:カヤオ(ペルー)★離脱へ

ここから約2週間は離脱です!
離脱とは…一度船を離れて、日帰りで歯いけない観光等をし、またいくつか先の港で再度船に合流することです💡港や情勢によってはできない場所もあるかもしれない&基本自己責任なのであくまでも推奨するものではないのでご注意下さい!

寄港地ペルー~メキシコ間、23寄港地目のグアテマラには行けないことは承知の上、マチュピチュ・ウユニ塩湖へ向かう旅をしました🙌

カヤオ~マチュピチュ

飛行機と高山列車を使って、約1日半でマチュピチュ遺跡に到着!
まだ謎の多いインカ帝国の空中都市です。ここに自分が行ったなんて、いまでも夢みたいです。

マチュピチュ~ウユニ塩湖

飛行機でウユニ最寄りのボリビアのラパス空港へ。高度4000mの街。
立ち寄り地だったけど圧巻。

ここからさらに夜行バスに乗って、やっとこさたどり着けるのが、ウユニ塩湖

(👆写真クリックで拡大可能)
もうこれは写真で感じてください!!!(笑)
早朝・昼・夜空。3パターン見たかったので、約2日間の滞在。ツアーは現地に着いてから、近くの街で探しても普通に見つかりました!

ちなみに私、このウユニ塩湖で25歳の誕生日👏昼ごはんを食べたところで突然のみんなからのサプライズ😭嬉
人生でこんな誕生日を迎えることができるなんて、なんて幸せ者なんだ…。

ウユニ塩湖~メキシコ(コロンビア経由)

ボリビア~コロンビア~メキシコ(カンクン)へ、飛行機を乗り継ぎGO!

途中予約したはずの飛行機が取れてないと空港で言われた時は焦ったなあ~😲メンバーの1人がこの数日でスペイン語をちょっと勉強してくれてたおかげで、なんとか無事追加料金なく再度飛行機確保できました🛫

船がメキシコの西海岸マンサニージョに着くまでまだ数日あったので、メキシコ東海岸にあるカンクンに2~3日滞在。
世界的にも有名な生粋のリゾート地。旅の疲れをゆっくりここで癒しました。

最後は夜行バスに乗り、無事ピースボートが来るマンサニージョへ前日入り。

実は・・・高熱でした。(笑)

ここまでのマチュピチュ・ウユニの写真、実は私めっちゃ熱あります、見えないでしょ?😂💦

2週間の離脱1日目の夜から発熱。ここまで離脱の準備頑張りすぎた分、無事出発できた安堵で熱出ちゃったのかな…
離脱中約1週間は高熱を繰り返し、時には地面に倒れ込んでました(笑)(笑)

諦めて船に一人で帰るか、でも治安的には一人で船には帰れない。付き添って船に帰ると言ってくれた子もいるけど、このために頑張って来たのに自分が理由で諦めるのは申し訳ない。どうしていいかわからず、1日目の晩ベットで泣きました。

そしたら一緒に離脱してるメンバーが、「きついかもしれないけど、ここまで来たなら諦めんな。全力でフォローするから、みんなで行こう。」と言ってくれたんです。頼もしすぎる。😭泣

もうここまで来たら甘えよう、と。
みんなも15~20キロ近い荷物を背負ってるのに、私の荷物を交代で持ってくれたり、みんなのおかげで無事全部回ることができました。

諦めなくて良かった。みんな本当にありがとう。最高。

※23寄港地目:プエルトケツァル(グアテマラ)

上記の通り、離脱中なので行かず!!
でも世界遺産に登録されている、古都アンティグアがあり、ばりばり綺麗だったらしい!いつか行きたいなあ🥺

24寄港地目:マンサニージョ(メキシコ)

ただいまピースボートおおおおおお!!!!!
港で船を見た瞬間に、みんな思わず叫んじゃいます。船を見ると安心しちゃう…もう完全に自分のお家です。
(↓写真の左上にある赤煙突がピースボート)

船に帰ると同時に、すぐに予約していた交流コースへ出発!※離脱で帰って来た港でそのままツアーに参加できるかは、その国にもよります。

OP:「サッカー大国メキシコでサッカー交流」¥8,000

サッカーやりたい人も、応援だけの参加も全然OK!!

メキシコの若者たちとサッカー交流!どうやら相手のチームにユースに選ばれている子がいたらしく、ばりばり強い。
日本チーム完敗(笑)!最後は国籍問わずまぜこぜチームにしたり、日本から持ってきた支援物資のサッカーボールを渡したりしました⚽🙌

昼食はみんなでグループに分かれて食べました!ここでの衝撃は、とにかく英語が全く通じない!!!( ゚Д゚)

名前を聞くだけでも一苦労でしたが、ツアーにいる通訳さんにスペイン語での名前の聞き方等聞いたりしました!(笑)
ここまで英語が通用しないのは初めてで、逆になんとかコミュニケーション取ろうと頑張ったのが心に残ってます👍

25寄港地目:ホノルル(アメリカ/ハワイ)

ついに最後の寄港地。ハワイは2日間滞在。宿代&晩御飯代を浮かすために、1日目の終わりは船に戻りました!

1日目:ワイキキビーチでBBQ🍖

できるだけ若者集めて、最後にみんなで思い出作ろうぜ!!!ってことで、私は友人と3人で場所取り係しました。

お昼ごろまでは沢山お土産を買い、その後ワイキキビーチへ。ダイヤモンドヘッドとかの観光できたけど、私はあんまりハワイに興味なかったので、夕方~のBBQに向けて、場所取りしつつビーチでのんびり過ごしました💡

ってことで夜には若者40名くらい大集合🙌若者と言っても10代~30代くらいまで、みんな年齢はバラバラ。

特に船に帰る門限もなかった&近かったので、遅くまでみんなでビーチで遊び倒しました!
ちょうどもう4年前かあ~。日本は真冬だけど、12月のハワイで真夏の思い出ができました☀😎

2日目:夢のスカイダイビングに挑戦

ここも乗船前から、他のピーセンの人たちと繋がっていたおかげで、何人か誘ってスカイダイビングを予約済!

スカイダイビングは、インストラクターさんと2人1組でベルトで固定され飛ぶんですが、心の準備出来る前に飛ばれちゃいますww
「うわ!!もう飛ぶのっ?!ちょちょ、ちょっと待って…!(飛行機から大空へダイブ!)あああぁぁぁ~れえぇ~~…」と、問答無用(笑)

当日オプションで空中撮影も入れると4万円位したけど、いい経験。
ハワイの空は青かったし、地球はほんとに丸かった。。。🌍👍

2回目の、ただいま日本

3か月前、この橋をくぐって世界一周のスタート。この橋が見えるとついに日本に帰って来たな~、と思いがこみ上げてくる瞬間。

何と今回は地球1周目の時に一緒に乗ってた仲間が、遥々帰港を見に来てくれました。

今回私は横浜下船じゃなかったので、船と桟橋越しでしたが、二人の顔を見てほっと一安心🥺☀

地球一周下船後は、港近くで99回クルーズの打ち上げも。これが終わればみんな本当に解散です。

3か月一緒に過ごした仲間と離れるのは寂しい!!けど、それよりも思い出が深すぎて笑顔になっちゃいます😊💛

2周もして飽きないの?

→私は全く飽きなかった!!

まず行く先々も違う。そして乗っているメンバーが違うので、同じ船でも全然違う印象。

前回の冬クルーズは少し若者は少ないけどその分じっくり1人ひとりと話せたし、今回の2周目は夏休みと被ることもあって若者がたくさん!イベントも盛り上がる分、結構疲れる瞬間もあり・・・(笑)(これはどう過ごすかによる😂)

2周目でよかったことは?

ある程度3か月の流れや、大きなイベントは想像がつくので、あえて同じようなイベントは参加せず自分の時間を作って余裕を持てたこと!

~ピースボートセンターやイベントに行くと情報が入る~

そして前回との一番の大きな違いは、船に乗る前に1年ほどピースボートセンターに通っていたこと。
これは元々船賃割引を貯めるために始めましたが、やはり同じクルーズの仲間がだんだん集まってきます。

なので今回は出航前に仲間を作って、1周目の時にできなかった離脱をしたり、スカイダイビングを予約したり、事前に準備出来た分楽しさも倍増でした🙌

普段割引は貯めない・行けない。。。という人も出航の1年~半年前を着る頃になってきたら、イベントだけとか短時間でもセンターに顔を出してみると、旅が広がるきっかけになるので断然おススメです💡

※実際今回一緒に離脱したメンバーの中には、たまたま名古屋のセンターに1回来てみた時に、今回のメンバーと知り合っていたおかげで、離脱メンバーに誘われた!なんて人もいました😊

両替ってどうした?

寄港地で使いそうな分を予想して、出発前に米ドル・ユーロに換金して持ってきます💰
そのまま使える港もあれば、港に着いたらさらにその国の通貨に換金する場合もあります。

足りなくなりそうな時はクレジットカードを使ったり、
米ドル・ユーロを持ってきすぎたという人に、日本円と交換してもらったりしました💡(換金は自己責任で。)

なので基本日本円は使いません&港で使えないところも多いです。強いて言うなら、上記のように交換するときや、みんなで現地で割り勘した時に、払ってくれた人に返す時はやっぱりみんな日本円で欲しがるくらい!

ピースボートで地球2周して思うこと

「もう1回乗りたい!」

大抵の人はさすがに2回もお客さんで乗ったら、もう次はスタッフでいいんじゃない?という人もいますが、私は何回でもお客さんで乗りたいかも。(笑)いまは結局スタッフしてますが!🥺

やっぱり訪れる場所と乗る人が変われば、その船ならではの雰囲気というのもできます!同じクルーズは絶対に存在しないのがピースボートの面白さだと、2回乗って思いました!

実際私が乗った時には、「ピースボートは17回目の乗船よ~」なんて強者のおばあちゃんもいました、すごすぎる(笑)

「知ってる仲間と乗る船も魅力」

1周目の時はピースボートセンターにも通わずほぼ一人で乗ったので、それはそれで新しい出会いの連続で楽しかったです。

今回は、ピースボートセンターに通い、お金ないけどみんなでボランティアスタッフ頑張って割引貯めて乗ろうぜ!!と一緒にやってきた仲間たちと地球一周できたことが何よりもアツかった🔥自分が乗れたことよりも、みんなの苦労や苦悩を見てきたからこそ、本当に一緒に船に乗れてることの方が嬉しかったかも😂✨

しかも船に乗れば、もちろん前回の私みたいに何も知らずに乗ってくる子もいて・・・いままでいた輪にまたどんどん新しい仲間が増えて行って、さらに化学反応を起こします。これがめっちゃんこ面白い!

まあ乗りたいけど、自分じゃ無理かな~

と、ここまで読んで思っている方がいたら、ぜひ立ち止まってほしい!

仕事が止めれない・怪しいんじゃない?と釘を刺して来る人がいる・お金がない。
いろんな理由がきっと世界一周を阻みに来るかもしれません。

でも地球一周に行ってしまえば、何かもう全部いままで悩んでたことが全部吹っ飛びます💨💨
行くまでに不安や問題が完全に0なんて人はまずいないです😂それでいいと思います。

今は一人かも知れないけれど、絶対大丈夫。
少なくとも1歩踏み出してみて損はない!!と2周乗った私が言いきります💪

出航はもう目の前!

先日国土交通省から、「国際線クルーズ受け入れ再開」のニュースがついに流れました。
いよいよ来年、コロナ禍ぶりの出航が本当にリアルになってきてます。
いままではコロナだから…で諦めてしまっていた方も、また世界に飛び出すことを目指してくれたら嬉しいです👍


※次回クルーズ出航が完全に保証するものではありません。最終調整し出航3か月前頃に催行判断予定です^^

安く地球一周するには…?

私も使ったピースボートに安く乗船できる、若者限定キャンペーン!いまもやっているので、ここから見てね!
👇ピースボート公式ホームページ

※ヤング専用129万円プランは、出航時に29歳以下の方限定のお部屋です。それ以外の人でも、船賃が割引になるボランティアスタッフ割引制度もあるので、ぜひHP見てみてね😊